岡山でシンスプリント(スネの痛み)でお悩みなら南区のどれみ自然整体院

シンスプリント(脛骨骨膜炎)

       (スネの痛み)

なぜ!?

​​あれだけ苦しんでいたシンスプリントの痛みがなくなるのか?

当院にしかできない痛み解消の全工程

院長の植松です

​私が対応いたします

開業して16年。

オスグッドと並んで痛みを訴える多くの子供たちをシンスプリント(すねの痛みから現役復帰させてきました。

しかも、シンスプリント成長痛ではないので、成長が

止まっても痛みは取れにくいですし、再発もあります。

しかも安心の痛みのない施術

シンスプリントでお困りの方は当院にお任せください!

シンスプリント(脛が痛い)とは

シンスプリントは脛(すね)の内側に痛みが走る症状のことです。
詳しいことはいろんなサイトにあるのであえてここでは言いません。

なぜシンスプリントになるのか?

スポーツをしている中でも特に多いのが、スポーツを始めたばかりの人に多く見られます。

いわゆるオーバーユーズによるものですが、
初心者はどうしても筋力が弱く、やり始めの時はどうしても使いすぎてしまいます。
その通り、シンスプリントの原因は「疲労等による硬くなった筋肉」にあります。
そのため、痛みを我慢しながら練習をしていると「疲労骨折」を起こしてしまい、
半年以上走れなくなってしまいます。

医療機関での治療法

病院や整形外科、接骨院などではサポーターやテーピングなどで様子を見ています。
しかし、シンスプリントでは再発も多く、完全に痛みを取ってしまうのは難しいのです。

病院の多くは「痛みとうまく付き合ってください」と言われますが、スポーツをする上で、

それは難しいことですよね。

どれみ自然整体院の施術法

原因がわかれば対処ができます。
当院では、その硬くなった筋肉を柔らかくほぐしていきます。
ただ、シンスプリントは厄介です。上記にも触れたとおり再発が多い症状です。
スポーツをしながら完治させることは非常に困難です。
そのためには、一時的にも練習を休むことは大切です。

しかし、休んだだけでは全く良くなりません。

多くの方や多くの治療院が勘違いしているのがそこです。

休んで一時的に痛みが引いているだけで、またスポーツを始めれば痛くなってきます。

治療もなにもしてないなら当たり前のことなのです。

硬くなった筋肉はそう簡単にはほぐれないのです。

しかし、当院では独自の手法を使い、それを可能にしています。

痛みのある患部は触りません。

そのため施術に痛みは伴いません。

しかも、9割以上の方が再発がないのです。

ただ、再発に関してはあくまで最後まで回復されたのみなんです。

途中で施術をやめられた方は再び来院されることが多いです。

シンスプリントでお悩みの方は、是非一度お越しいただきませんか。

ほとんどの場合、最初の1回目の施術で結果は出ます。

​ただ、骨折がある場合は、まず医療機関を受診してください。

シンスプリントの回復症例

 

右すね内側の痛みが取れた。走れる!!

高1生 女子 陸上部 岡山市

【症状】
シンスプリント

2ヶ月前から、右すねに痛みが出て、痛みが少し和らいだと思ったが再び痛くなった。
陸上の走り出しや走り終わった後に痛みが酷かったので来院。
回目の施術後に痛みはほぼ引きました。
痛みをぶり返さないため、自己療法の指導を含め、3回の施術で終了しました。
早く取れて良かったですね。
頑張ってください!

シンスプリントの痛みが取れた。バスケができる!!

高2生 男子 バスケ部 岡山県玉野市

【症状】
シンスプリント

3週間前から、長いブランクからのバスケの練習で左足の脛が痛む。
施術を1回受けてからほぼ痛みはなくなった。
2回目の施術の際も痛みは引いたままで、普通に練習はできていたようです。
再度、施術をしてひとまず終了です。
早く痛みが取れてよかったですね。
 
痛みを起こしてからの期間が長くなったり、無理に練習をしたりしているとその分回復は遅くなってきます

 

この療法は、整体、カイロプラクティック、オステオパシー、気功、整骨院、バランス整体、心理療法、鍼灸、あんま、マッサージ、無痛療法、催眠療法、

接骨院、理学整体、バランス療法、東洋医学、指圧、宗教、リラクゼーション等の今までの既存の治療法ではありません。

 

© 2003 by どれみ自然整体院 Design by Wix.com

  • s-facebook
  • Twitter Metallic