岡山で野球肘の痛みでお悩みなら南区のどれみ自然整体院

野球肘

野球肘の原因

野球肘のタイプには大きく分けると2つの分けられます。
①内側型(肘の内側に痛みが出る)
 肘が痛いといって来院される方の多くがこのタイプです。
 一般的に投げすぎ、ストレッチ不足などによるものです。
 軽い場合だと、投球をしながらの施術も可能ですが、きちんと休んでからの施術をお勧めします。
②外側型(肘の外側に痛みが出る)
 小学生の発症が多く、「離断性骨軟骨炎」と呼ばれるものです。
 内側型に比べると発症頻度は低いものの、長期間の投球禁止を強いられることになります。
 対応が遅れてしまうと、将来的に「離断性骨軟骨炎」になる可能性も高くなり、手術をしなければならなくなってしまいます。

医療機関での治療法

整形外科など医療機関ではレントゲンやMRIなどで画像検査を行います。
画像による異常が見つかった場合は、病院側の指示に従ってください。
画像による異常が特に見つからなかった場合は、シップや痛み止めなどで様子を見ます。
また、整骨院や接骨院では多くの場合、電気治療とマッサージです。
少し楽になって野球を始めても、またすぐに痛くなることが多く、なかなか完治しにくいのです。

どれみ自然整体院の施術法

まず、痛みがある場合は絶対に投げないでください

​選手の肩や肘を完全に痛めてしまいます。

当整体院では、問診を行い、痛みのある箇所や痛みのある動きを細かくお聞きします。
原因を追究しインナーマッスルのどの部分に負荷がかかっているのかを明らかにして、施術を行っていきます。

痛いと言われる箇所の肘だけでなく、周りも視野に入れて施術していきます。

いろんな病院や整体院へ通ったけど、痛みが取れないや痛みが変わらなかった方。

​多くの方が比較的早い段階で痛みが取れ、スポーツに復帰されています。

多くの場合で最初の1回目の施術で結果は出ます。

施術に痛みは伴いません。また、自宅でできる自己療法も指導します。
 

 

この療法は、整体、カイロプラクティック、オステオパシー、気功、整骨院、バランス整体、心理療法、鍼灸、あんま、マッサージ、無痛療法、催眠療法、

接骨院、理学整体、バランス療法、東洋医学、指圧、宗教、リラクゼーション等の今までの既存の治療法ではありません。

 

© 2003 by どれみ自然整体院 Design by Wix.com

  • s-facebook
  • Twitter Metallic